眼精疲労は栄養素の摂取で改善できる【対策を考えて疲れ知らず】

男の人

視力回復に効果がある食品

果実

眼精疲労や視力回復など様々な目の問題に効果がある食品のひとつとして、ブルーベリーがあります。これは、ブルーベリーに含まれるアントシアニンと呼ばれる物質が、光の信号を伝えるロドプシンというたんぱく質の再合成を助けるからだといわれています。眼精疲労などで目が見えにくいというのは、このロドプシンが減少している状態なので、ブルーベリーを摂取することでその状態から回復することができるのです。その効果を得るためには、一日にアントシアニンを120ミリグラム以上摂取する必要があります。これは生のブルーベリー20粒から30粒、ジャムだと大匙2杯に相当する量です。摂取してから4時間ほどで効果が現れるといわれていますが、効果は24時間しか続かないため、効果を持続させるためには毎日摂取する必要があります。

目のためにブルーベリーを効率よく摂取するには、生食でフレッシュなものを摂取することもできますが、その他にも様々な方法があります。アントシアニンは熱に強いので、ジャムやジュースなどの加工品で摂取しても、十分な量であれば目にとって生食と同じ効果を得ることができます。ブルーベリーはパイや洋菓子などにも多く使われるため、毎日異なる方法で摂取することも可能です。また、ブルーベリーは無農薬栽培が可能な農作物ですので、安心して皮ごと食べることができます。また、アントシアニンは水溶性なので、摂取しすぎても健康への心配はありません。また、毎日生食や加工品の摂取をすることが面倒な場合には、サプリメントで摂取することも可能です。